NY、東京でプロのメイクアップアーティストとして働く私がモテるメイクなどをご紹介。モテる人になると恋愛・仕事がうまくいきますよ。

モテるには?本当の恋愛メソッド

その他

アカデミー賞授賞式

投稿日:

こんにちは。

メイクアップアーティストの千佳です。

 

本日はアカデミー賞でしたね。

日本人、アカデミー賞を獲りましたね!

メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞

辻 一弘 さん

おめでとうございます!

 

専門分野は違えど、メイクアップアーティストの1人として尊敬します。

 

メイクアップスクールで特殊メイクの勉強を軽くした事があるのですが、

想像以上に難しかったのを覚えています。

 

特殊メイク技術があるだけではダメで、

骨格や顔の筋肉に対する知識がないと出来ません。

 

そして肉眼で見たときと、カメラを通した時とでは、仕上がりが違うので、

そのあたりも熟知をしていないといけません。

 

とにかくただメイク技術があるだけではダメなのです。

 

私は特殊メイクの難しさを分かっているからこそ、

『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』での

あの俳優ゲイリー・オールドマンを

ウィンストン・チャーチルに変身させたメイク技術は

メイクのプロから見ても「凄い!」のひと言です。

圧巻です。

 

辻 一弘氏は近年は美術彫刻に専念していたそうなので、

その彫刻の知識と技術が生かされていたのではないかなと思います。

 

元々、日本人は器用な人種なので、世界的に見てメイクやヘアの技術は高い方です。

私もニューヨークコレクションで、繊細なアイラインをするときは重宝がられました。

 

きっと辻 一弘氏も器用な手先を持ち、

そこに修得した技術、そしてメイクだけでなく骨格や筋肉など人体の知識

があった優秀な特殊メイクアップアーティストだったのでしょう。

 

それはアカデミー賞に過去2度もノミネートされているという事実が

物語っていますよね。

 

そして人柄もあったのではないかと思います。

 

なぜなら

今回の『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』では

主演のゲイリー・オールドマンから直々のファーを受けてのお仕事

だったとのことですから。

 

人柄がなくては、わざわざ主演俳優からの直々のオファーなんてこないと思います。

 

 

今回のアカデミー賞では

人種を超え、性別を超え、国を超え、と

あらゆる壁を取っ払って、すべてを含めて、全てを認めよう

という強いメッセージを感じるものとなっていました。

 

これも現在のトランプ大統領のアメリカファースト、移民締め出し・・・

など現在のアメリカ社会を強く意識したものだと思います。

 

もちろんハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ疑惑などの問題も要因です。

 

 

 

私達、日本人も日本以外に行けば外国人です。

 

白人社会に入れば、黄色人種である日本人は

「有色人種」の一人として差別される事もあります。

 

白人社会において黒人だけが差別されるのではありませんよ。

 

実は日本に住んでいる日本人で

「白人社会で差別されるのは黒人」

と思っている人は少なくありません。

自分達、日本人も差別されやすい「有色人種」だという認識がかなり低いのです。

 

私達日本人は黒人と同じ「有色人種」なのです。

ですから、白人社会においては差別されやすいのは確かです。

 

きっと白人社会で仕事や生活をした事がある人の中で、

差別をうけた経験がある人がいらっしゃる事でしょう。

観光旅行でも差別を受けた経験がある人もいらっしゃると思います。

 

これが現実なのです。

 

そんな世の中だからこそ、

白人社会において最大の賞に「有色人種」が選ばれる事は凄いことなのです。

 

今回、有色人種である黄色人種の一人、

辻 一弘氏がアカデミー賞に輝いた事は

有色人種にとって、黄色人種にとって、そして日本人にとって

とっても喜ばしい事であり、とっても誇らしい事だと思います。

 

今回のアカデミー賞は個人的にはとっても楽しい授賞式でした。

女優さんのヘアメイクについて、後日お話したいと思います。

 

最後までお読み頂き、有難うございました。

メイクアップアーティストの千佳でした。

-その他

Copyright© モテるには?本当の恋愛メソッド , 2020 All Rights Reserved.